本文へスキップ

メンタルケア・アドバイザー養成講座、必要な知識や技法を 6ヶ月で、自宅で 習得できます!

産業カウンセラー/メンタルケア・アドバイザー

メンタルケアアドバイザー

メンタルケア・アドバイザー養成講座

産業カウンセラー

■資格内容

職場での悩みの相談役 
失業者の増加、自殺者数が10年以上連続で年間3万人を超える状況が続くなか、働く人の「心の健康」が危険な状況になっている。「産業カウンセラー」、「シニア産業カウンセラー」は、主に働く人を対象として、心身状態や悩みについて相談を受け、心理学的なアプローチを用いて問題を自らの力で解決できるように援助を行う。


■取得方法

学識、技能を判定 
産業カウンセラーとして必要な基礎的学識、技能及び一般的な素養を判定。シニア産業カウンセラーとして必要な専門的学識、カウンセリング経験に裏づけられた技能、素養を判定する。


■詳細情報
受験資格: 産業カウンセラー=(1)成人に達しており、協会が行う産業カウンセラー養成講座を修了した者 (2)心理学または心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかを専攻し、学士以上の学位を有する者で、必要単位の取得が認められた者(別途審査あり)
シニア産業カウンセラー=(1)産業カウンセラー試験合格後、3年が経過しており、協会が行うシニアコース講座を修了した者 (2)産業カウンセラーの資格を有し、心理学または心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかを専攻し、修士以上の学位を有する者で、必要単位の取得が認められた者(別途審査あり)
試験範囲: 学科試験=学識、事例対応能力など 実技試験=口述及び、ロールプレイ(産業)、面接テープ(シニア)
試験日: 産業=学科・実技1月下旬
シニア=学科・実技11月中旬
試験地: 協会が指定する場所
受験料: 産業=学科10,500円、実技21,000円 シニア産業=学科12,600円、実技29,400円
受験者: 産業=5,644人、シニア=268人(平成22年度)
合格率: 産業=71.7%、シニア=26.9%(平成22年度)


■問い合わせ先
社団法人 日本産業カウンセラー協会
住所:〒105-0004 東京都港区新橋6-17-17 御成門センタービル6階
TEL:03-3438-4568


がくぶんのメンタルケア・アドバイザー養成講座 


「NPOメンタルケア・アドバイザー」の資格を認定!

「心のケア」を施すアドバイザーとして必要な知識や技法を 6ヶ月で、
自宅で 習得できます!心理カウンセラーをめざす方にも最適!

あなたが、メンタルケア・アドバイザーに興味を持ったなら、
今すぐ 無料資料請求をしてみてください。