本文へスキップ

メンタルケア・アドバイザー養成講座、必要な知識や技法を 6ヶ月で、自宅で 習得できます!

精神対話士の働き方/メンタルケア・アドバイザー

メンタルケアアドバイザー

メンタルケア・アドバイザー養成講座

精神対話士の働き方

精神対話士の資格取得後、その専門知識を活かし「精神対話士」として社会での活躍を希望される方は、当協会と業務委託契約を締結し、クライアント先に赴きます。 「フルタイムで勤務したい」「副業的に仕事をしたい」など、生活スタイルやご希望に合った働き方、資格の活かし方ができるのも精神対話士の特徴です。

派遣先 個人クライアントのご自宅など、学校、企業、老人ホーム、介護・福祉施設、病院、ハローワーク、被災地など。
派遣の方法 原則として週1回、同じ曜日の同じ時間帯に4週(4回)連続してクライアント宅などの指定場所に出向き、80分心に寄り添い「暖かな対話」による心のケアを行います。
派遣時間 9:00〜21:00
精神対話士資格を取得された方のうち専門課程を修了された方は、精神対話士の指導的役割や講演会講師を担う「指導精神対話士」という道もあります。


■精神対話士の仕事

精神科医は医療行為、臨床心理士は心理テスト,精神療法により問題を解決しようとします。一方、精神対話士は、クライアントの心に寄り添って、暖かな対話を通してクライアントの気持ちを受け入れていき、またクライアントの希望する場所へ赴いて行なわれるのも、医師や臨床心理士の治療行為と異なる点です。
精神科医や臨床心理士が治療を必要とする人々を対象とするのに対し、精神対話士のクライアントとなるのは「孤独感や寂しさを感じている人々」です。暖かな対話で人を癒し前向きに生きる意欲を取り戻していく支援をいたします。



がくぶんのメンタルケア・アドバイザー養成講座 


「NPOメンタルケア・アドバイザー」の資格を認定!

「心のケア」を施すアドバイザーとして必要な知識や技法を 6ヶ月で、
自宅で 習得できます!心理カウンセラーをめざす方にも最適!

あなたが、メンタルケア・アドバイザーに興味を持ったなら、
今すぐ 無料資料請求をしてみてください。