本文へスキップ

メンタルケア・アドバイザー養成講座、必要な知識や技法を 6ヶ月で、自宅で 習得できます!

精神対話士とは/メンタルケア・アドバイザー

メンタルケアアドバイザー

メンタルケア・アドバイザー養成講座

精神対話士とは

孤独感や寂しさ、心の痛みを感じている人(クライアント)に寄り添い、暖かな対話を通して気持ちを受け入れ共感し、人生に生きがいを持ち、よりよい生活を送れるよう精神的な支援を行う心の訪問ケアの専門職です。

精神対話士が対象とする方は、高齢者、病人、引きこもりの人、対人関係で落ち込んでいる人、介護に疲れた人、事故や震災の被災者、重病患者をはじめとする病人、ホスピスの入居者、学校生活や職場で精神的ストレスを感じている人など多岐にわたります。

そうした心のケアを必要とする人々に、薬の処方や精神療法といった医療行為を行うのではなく、暖かな対話を通して心の重みを軽くし、生きる希望を見い出すお手伝いをします。クライアントが希望する場所に精神対話士が出向き、対話を通して心のケアサポートを行うのも特徴です。

精神対話士とは、公益法人である財団法人メンタルケア協会が認定する資格で、資格取得の道は多くの方々にオープンに開かれています。受講・受験に際して年齢、学歴、職歴などは不問で、これまでにも学生から定年退職をされた年配の方や高齢者までが受講し、資格取得を実現されています。



がくぶんのメンタルケア・アドバイザー養成講座 


「NPOメンタルケア・アドバイザー」の資格を認定!

「心のケア」を施すアドバイザーとして必要な知識や技法を 6ヶ月で、
自宅で 習得できます!心理カウンセラーをめざす方にも最適!

あなたが、メンタルケア・アドバイザーに興味を持ったなら、
今すぐ 無料資料請求をしてみてください。